×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

糖尿病を治すために

糖尿病学会について

中高年だけではなく、若年層にも広がっている糖尿病。日本は食生活や生活習慣が欧米化したことにより患者数も増加し、今では世界第6位の糖尿病大国となっています。糖尿病に関する学会や協会はいくつかあります。その中で、糖尿病学会とは?と聞かれた際に、答えられる方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

 

糖尿病学会とは、昭和33年に糖尿病学の普及、研究、国民の健康増進に寄与するべく設立されました。当時は生活が徐々に変りだしており、今問題となっている欧米化による弊害で糖尿病が増えることを察していたと言っても過言ではありません。糖尿病学会では、糖尿病治療の手びき、糖尿病食事療法のための食品交換表などの本を発刊しており、糖尿病に対する知識をより深めるための手助けをしています。本として詳しい情報が手に入れば、食事療法はより確実なものになります。糖尿病学会とはという疑問にたいしての簡単な回答ではありましたが、この機会に糖尿病への知識を深めていただけると良いのではないでしょうか。日頃の食事から気をつけて、いつまでも健康でいたいものですね。