×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血糖値を下げる食事

糖尿病患者のための食事法

糖尿病といえば中高年の病気と思われがちですが、最近は若年層にも患者さんが増えています。糖尿病とは、血中の糖分が細胞にうまく運ぶことが出来なくなり、血中の糖分値が高くなってしまう病気です。糖尿病の治療には薬物も必須ですが、同じくらい糖尿病の食事療法が大事になってきます。いくら薬物で落ち着かせようとしても、食事をすれば糖分は体に入ってきますから、とりすぎたりしては元も子もありません。では、糖尿病の食事療法とはどのような食事療法なのでしょうか。

 

糖尿病の食事療法として食べてはいけないものはありませんが、量の加減をしてください。普段の食事はもちろんですが、間食でカロリーオーバーになることが多いので、間食は控えるようにしましょう。量をなかなか制限できない場合は、できるだけ食事に時間をかけて食べることにしましょう。人間の脳は血糖値が上昇することで満腹感を覚えるようにできています。20分ほどかけてゆっくり食べることで満腹感を得られ、食べ過ぎることも減らせるでしょう。基本はバランスの良い食事ですが、食べ方などを工夫してなるべく負担にせずに続けていきましょう。